知らなかった!ルテインの意外な3つの効果と副作用とは?

ルテインの効果と副作用はあまり知られていません。

 

それだけルテインはあまり知られていないのです。

 

視力1.0以上だった記憶はありません。弱視というわけではありませんが、物心ついた時から目が悪いです。
小学校でも眼鏡でしたし、一番最初の視力検査の記憶も0.6くらいでした。
視力が悪くて困ったことはたくさんあります。年代によて悩みは少しずつ違ってきているので、順番に紹介したいと思います。

 

*ルテインの効果以上に副作用で忘れていけないのが、過剰摂取ということです。

 

私は小学生の時眼鏡デビューしました。

目がねデビューして気になるのは周囲の目でしたね。子供なりにいわれるのは気にしていたのですが、最初は授業中だけ着用していました。けれど次第に視力は低下し普段から眼鏡をかけるようになり困ったこと。

 

もともと肌が弱かったので、眼鏡の耳当てが痛く、掛ける時間が延びるほど耳が切れてしまい、治らないまま膿むことが多く困っていました。

 

中学生では部活が始まり、スポーツするときに眼鏡では動きが制限されるのがつらかったです。眼鏡はやはり視野が狭いのも欠点だと気づくようになりました。

 

コンタクトレンズで気づいたこと

また視力がさらに低下したこともありコンタクトにしました。効果も感じれませんでした。コンタクトにして困ったのは、目が乾くことです。今よりももっと乾燥するコンタクトでしたから、目が痛くなることもしばしばでした。

 

大人になって一番困ったのはやはり車の運転です。裸眼では運転はできません。でも調子が悪いと眼鏡で運転しなければならないので、ちょっと感覚が違っていて自分では少し怖いです。

 

なにより震災などのときに眼鏡がないと何一つ見えないことが今一番怖いことです。コンタクトは余計にありますが、それがいつまでる変えるかも不安でしかないです。

 

いかがでしたか?ルテインの効果は多くのメリットがあります。普段からルテインを取り入れた食べ物で、摂りすぎの副作用に注意していきたいですね。

更新履歴